近所で評判のAGA病院を探せ!
全国AGA病院検索

不織布三層構造マスク

押尾学氏が服用していた薄毛治療薬「プロペシア」

oshio.jpg

麻薬取締法違反で懲役1年6ヶ月、執行猶予5年の判決が言い渡された押尾学氏。

押尾学氏が裁判へ向かう際の頭部を見て驚いた人も多いと思う。

額がかなり後退しているように見えたからだ。

釈放された際の映像では何も感じなかったのに…

数日の間に急激な変化を見せた。

「女性セブン」などの週刊誌によると、以前から押尾学氏は薄毛に悩み、病院で薄毛解消の為の治療薬「プロペシア」を処方されていたらしい。

芸能人の深刻な薄毛事情については「芸能人の薄毛事情」ページでも触れたが、イケメンで売っていた押尾学氏ならなおさら薄毛には苦悩しただろう。

「プロペシア」で薄毛の進行を抑えていた押尾学氏の薄毛が急激に進行した理由は、厳しい取調べのストレスのせいなど色々言われているが、もし本当に「プロペシア」を服用していたのなら、「プロペシア」を処方してもらいに行くことが出来ず、「プロペシア」の服用を止めてしまった為に薄毛が進行したというのが有力だろう。

「プロペシア」は本来進行するはずの薄毛の進行を食い止める薬で、服用を止めると再度薄毛の進行が始まる。

薬物で仕事や家族、社会的信用を失った押尾学氏が、頭髪を失わないようにする為、「プロペシア」という薬に頼らなければいけないのは何とも皮肉な話だ。

「プロペシア」はちゃんと認可された薄毛の治療薬だが、使用方法が難しいので、薄毛治療専門の病院で処方してもらうようにしよう。

ブログランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします。

  • 人気ブログランキングへ
  • にほんブログ村 健康ブログ 発毛・育毛へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

全国
AGA病院検索

AGA
オンライン病院検索

最新ニュースメニュー

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

ページの先頭へ