MENU

LINK

再生医療に期待される不治の病からの克服

21世紀の新しい医療技術として注目される再生医療。
これまで不可能だった病気の治療ともなりうる可能性を秘めているとして、その研究・開発が急ピッチでおこなわれています。

そんな再生医療の発達で期待されている病気回復には、実にさまざまなものがあります。

現在、日本国内でおこなわれている再生医療は、医師による臨床研究や治療行為として実施されています。実際には、虚血性心臓病や閉塞性動脈硬化症、角結輪部機能不全、壊死性筋幕膜炎などの治療に使われたという話もあります。

そして、再生医療が普及されていることにより、細胞を培養・加工した細胞治療薬が大きな重要性を担っていることも忘れてはいけません。

1997年には、アメリカにて世界で始めてとなる培養軟骨の細胞治療薬が承認され、今後は、世界中でこの動きが加速されていくことと考えられます。