MENU

LINK

失った機能を再び蘇らせる

"IPS細胞"…この言葉が広く知られるようになったのは、2012年にノーベル生物学・医学賞を受賞したとして、IPS細胞を作成した京都大学IPS細胞研究所長の山中信弥教授が注目されたことからでした。
今ではほとんどの人が知っている言葉となっています。

このIPS細胞に関する論文は、その発表からわずか6年たらずで受賞されています。
通常、医療分野でのノーベル賞受賞というのは、広く実用化してから授与されるのですから、これは極めて異例のスピードといえます。
それだけIPS細胞はすばらしく、また大きな期待がこめられているということなのでしょうか。

このIPS細胞は、人工多能性細胞Induced pluripotent stem cells)を略した言葉です。
それぞれの頭文字をとってIPS細胞と呼んでいます。

このIPS細胞を使うとどんなことが可能になるのかというと、拒絶反応のない移植用組織臓器の作成が可能になるという、まさにこれまでの移植医療での問題やトラブルを解決してしまうほどの可能性があるといわれているのです。

人の細胞というのは約60兆個ともいう膨大な数の細胞で構成されていますが、この細胞はもとは一つの受精卵から増殖していったもの。
皮膚から採取した細胞にはこれら増殖、分化をするためのメカニズムが記録されているわけですから、それを読み取り、受精卵に近い形まで戻していく…これがIPS細胞なのです。

ですから、これが実用化されれば、失った機能をまたIPS細胞によって作り出すことができる…ということなんですね。
臓器を作り出して移植することも可能となるかもしれないのです。

IPS細胞がもつ大きな期待

IPS細胞がもつ可能性というのは、移植医療だけではありません。
新薬の開発にも大きな可能性を秘めているのです。

ある臓器に効果的な薬を作る際にはマウスなどの動物実権、そして臨床試験となります。
しかし、IPS細胞からその対象となる治療したい臓器を作り出すことができれば、それを用いて新薬の効果副作用などをテストすることができるのです。

これにより、従来の試験・実験などとは比べ物にならないくらい、安全性の高い薬を作り出すことができるようになります。

また、今まで完治することはおろか、治療法さえもないといわれている難病にも、このIPS細胞が役立つのでは…と研究が進んでいます。
まだまだ研究途中として完全ではありませんが、今後の研究から原因不明の病気や不治の病といわれている病気への治療開発が大きく期待されるところです。