MENU

LINK

進む再生医療

最近、耳にする再生医療という言葉。

この再生医療とはどんなものなのかというと、さまざまな臓器や組織が欠損したり機能障害、機能不全になった場合に、その失われた働きを再生するための医療をいいます。つまり、ダメージを受けた細胞や組織を再建することをいうのです。

ダメージを受けた部位に残る細胞の中でも、分裂能力を持った特殊な細胞である幹細胞を増殖させて、失ってしまった部分を修復、元の状態へと回復させていきます。
また、この幹細胞で各種臓器の発生過程を再現させること…これが再生医療なのです。

こういった再生医療などに関することには、その安全性や必要な器具などを製造する際のガイドラインなども整備されてきています。薬事法の改正はもちろん、再生医療推進法が2013年の4月に成立しています。今後も状況に合わせた整備がされていくことでしょう。

この再生医療の技術は、21世紀に入って飛躍的に伸びていきています。
それは病気や大きな怪我はもちろん、肌トラブルや体質改善頭髪などの美容分野にまでその活用は及んでいるのです。

これまで再生させるといえば移植医療でしたが、提供者を探すのはもちろん、移植後の拒絶反応のリスクも高いものでした。それが再生医療の出現でそういったリスクも軽減させることにもなるのですから、その研究に多きな期待がよせられているのも当然といえます。